プロフ
TMRが帰ってきた! CLAP×JAZZ

CLAP×JAZZ

ワイヤーダックスのクラップ☆君&ジャズ☆君の日常と飼い主さんの趣味の話(笑)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

TMRが帰ってきた!

ここしばらくGSFの記事が無かったのは。。。

実はTMRをオーバーホールに出していました。
依頼したショップは千葉県のM.F.Pさんです。
今回、ブログでLINKさせていただいているR-GARAGEのつるりんさんにご紹介していただきました。

オーバーホールの理由は、どうしても3番シリンダのかぶりが解消せず乗り味が気に入らなかったから
そして、レーシングキャブであるTMRを一度専門のショップで診てもらい
TMR自体のリセットを行いたかったからにほかなりません。

実はM.F.Pさんに電話をし、TMRを送る段取りをしている時に、3番シリンダのかぶりの原因がわかりました。
外した状態のTMRを見ると3番のスロットルシリンダのみ若干下がっているのがわかりました。

RZRの話になってしまいますが、51L以降の強制開閉キャブの同調は全閉時のスロットルシリンダのクリアランスを合わせる事で行います。

つまりはTMRのアイドリング時及び、スロットル極低開度での不調の原因はキャブレター自体の同調不良によるものです。

M.F.Pさんには事前に症状、プラグの焼け具合等を連絡し、更に画像付のレポートをプリントアウトしたものを同梱させていただきました。

見積もり時のM.F.Pさんのコメントも同様の見解でした。




さてさて、そのTMRが2ヵ月半ぶりに帰ってきました!
それもものすごく綺麗になって!

早速、梅雨の合間に取り付けです。

ばっちい!
2ヶ月以上カバーを掛けたままだったので、クランクケース上まで汚れています(汗)。

NCM_0512web.jpg
掃除をしながら、取り付けです。
GSFは何をするにもタンク&シートカウルを外します。
って、外しやすいから(慣れたから)全く苦になりませんwww。

NCM_0513cut.jpg
スロットルケーブルのアダプタも引きと戻り両側にカット加工を行いました。
コレで普通にケーブルの遊びの調整が出来ます。

NCM_0514web.jpg

あっけなく付いてしまいました。。。というか、元々付いていたので当たり前ですが(汗)

まずは始動です。
コックをPRIにして。。
セルを回すと。。。


普通にアイドリングしています。。。
いや、いくらオーバーホールをしたといっても、机上での作業。
必ず何かの調整が居るはずだと思っていたのですが。

とりあえず控えめに(@住宅地ですから)レーシングを行うと。。。
普通に回転がアクセル開度について来ます。

おお!素晴らしい!

早速、試運転へ

かぶり、無くなりました!
下から上まで綺麗に回ります。

NCM_0519web.jpg

これで普通に走れる!

次はいつ乗れるのかは判らないのですが。。。
ちょっといや、かなり楽しみです。


~以下は覚書~











1.エンジンオイルの交換を行うこと!

  まだ走行距離は伸びてないが、夏に向けてオイル交換要!
  油温が上がるとシフトフィールが悪すぎる!
  現状のオイルでは役不足か?

2.ミラー交換済み

NCM_0516web.jpg

3.ブリーザーホース(レデューサー~オイルキャッチタンク間)の取り回し変更。


NCM_0515cut.jpg
スポンサーサイト

| GSF | 00:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。