プロフ
アーカイブ :2010年11月 CLAP×JAZZ

CLAP×JAZZ

ワイヤーダックスのクラップ☆君&ジャズ☆君の日常と飼い主さんの趣味の話(笑)

2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ペットに課税、飼育放棄防ぐ!?民主チーム検討

民主党税制改正プロジェクトチームは26日、2011年度税制改正に向けた政府への提言案で、犬や猫などペットへの課税を検討課題とすることを求めた。

 ペットの無責任な飼育放棄などが、行政による処分費用の負担など「負の連鎖」につながっているとして、「地方自治体による登録制を導入して課金も行うことなども含め検討を提言する」とした。

 課税を通じてペットの適切な飼育を促し、税収を処分費用に充てることを想定している。民主党関係者は26日、「ペットは家族の一員という人が増えている」と述べ、課税には一定の理解が得られるとの考えを示した。ただ、ペットへの課税は今年度の税制改正論議で検討課題に上っておらず、11年度税制改正で実現するかどうかは不透明だ。

 過去には自民党も、動物を飼ってもすぐ捨ててしまう飼い主を減らすため「ペット税」導入を検討したことがある。

(2010年11月26日23時31分 読売新聞:YOMIURI ONLINEより)




検討中とのことですが。。。
記事のみで事実関係を確認していないので恐縮ですが、かなり無理がある課税ではないでしょうか?

1.課税決定の場合、「ペットの無責任な飼育放棄」を行う人たちは課税直前に新たなる大量放棄を行うことが容易に想定できる。

*新たなる負の連鎖が「課税」によって発生する。

2.蓄犬(猫)登録の徹底化を行う必要性があり、そのために新たな支出が見込まれる。

*その財源はどこから捻出するのか?
*課税の公平化はどのように保つのか?
*現在登録が義務化されていない動物に対してはどのような対処を行うのか?
*極端では有るが敢えて語弊を恐れずに言わせて貰うが「100歳以上の人間」の生存確認すらおぼつかない現在のシステムで、日本中のペットの管理が可能なのか?

3.「税収を処分費用に充当する」と記事にはあるがこれは、「ペットは家族の一員という人」にとっては到底納得できるロジックではなくかつ、全く説得力がない。

*処分費用は「ペットの無責任な飼育放棄」を行った人間に負担させ、「飼育放棄された犬たち」の再出発に当てるべき性質のものである。
*ペットに課税が掛けられた場合、ペットたちに対する行政サービスの具体案が明確ではない。つまりは税金の使い道が現時点では明確化されていない


素人の私が考えても直ぐに思いつく疑問点(問題点)が出てきます。
ましてやプロの方々から見れば言わずもがなでしょう。

不景気で「普通乗用車」の登録台数が減れば、逆に登録台数の増えた「軽自動車」に大幅な増税、「ビール」、「発泡酒」の売上が落ちれば、「第3のビール」に大幅増税。。。
安直な増税(課税)案しか出せない現政府「民主党」が言い出しそうな話ではあります。

検討はするが決定はないと思っていますが、その行方は見守らないといけないですね。


スポンサーサイト

| dog | 23:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。